ラグビーボールについて

ラグビーワールドカップからラグビーを見始めた方は多いと思います。やはり気になるのはボールの形ですよね。

何故ラグビーボールはなぜ楕円形なの?

実際の大きさはどれくらいなの?

どんなボールのメーカーがあるの?

このような疑問にお答えしていきます。本記事では『ラグビーボールの由来、大きさ、メーカー』についてご紹介します。

またアメフトボールとの違いも加えて解説します。

ラグビーボールについて

形の由来は?

ラグビーボールが楕円形の由来は様々な言い伝えがあります。

  1. ヤシの実を使用
  2. 頭蓋骨を使用
  3. 豚の膀胱を膨らませて使用
  4. 走るときに円形よりも持ちやすい
  5. ダチョウの卵を使用

これら全ての由来が楕円形の基礎となっています。

現在はラグビーフットボール競技規則によりボールのルールが定められています。

  • 楕円形で、4枚張りでなければならない。
  • 皮または類似の合成皮革素材で、つかみやすいように防水加工してあってもよい。

80年代までは革素材のラグビーボールが主流でしたが、近年は合成ゴム素材がほとんどです。

ボールの大きさは?

重量 直径 備考
3号 360~380g 26~28cm 幼児、小学校低学年
4号 380~400g 27~29cm 小学校高学年
5号 410~460g 28~30cm 中学・高校・大学・一般

ボールのメーカーによって数十g、数cmの誤差があります。

小学生までは3号、4号と比較的軽くて小さいボールを使用します。

中学生以降は5号で統一されており、ラグビー経験者には馴染みのあるボールです。

アメフトボールとの違い

重量 直径 備考
ラグビーボール 410~460g 28~30cm レースはなくても可
アメフトボール 397~425g 27.6~29.1cm レース必須

一般的なボールで比べると、一回りラグビーボールの方が大きいです。

アメフトは前方へボールを投げれる競技で、試合中は遠くまでボールを投げる必要があります。

そのためレースが必須になっており、確実に指にかけて遠く投げることが可能となっています。

ボールのメーカーは?

GILBERT(ギルバート)

ラグビーでは最も多く使用されているボールです。ワールドカップでもギルバードが公式球として使用されています。実際に使用した感想としては、ボールが指にかかりやすく投げやすいです。

canterbury(カンタベリー)

高校ラグビーなどでは比較的多く使用されています。長く使用すると本当にツルツル滑る印象があります。他のボールよりも少し固めで、キックの力が上手く伝わりにくい思い出があります。

SCEPTRE(セプター)

こちらも高校ラグビーではよく使用されています。ギルバードまでとはいかないですが、ボールは指にかかりやすいです。キックの飛距離も比較的伸びてくれます。

Molten(モルテン)

トライゲッターなどが有名です。アメフトで使われることが多いメーカーです。

SILVER FERN(シルバーファーン)

ニュージーランドのラグビーメーカーで人気があります。過去には高校ラグビーの公式球にも指定されたことがあります。ボールとしても品質が高いと言われています。

MIKASA(ミカサ)

一度も試合では見たことがありません。認定球として使用できるラグビーボールはあります。

おすすめのボールメーカーは?と聞かれたら、やはりギルバードをおすすめします。一番使いやすく、かっこいいと思います。

自分に合ったボールはあると思うので、ぜひ一度ボールを触って欲しいです。

**************************************

当サイトではライターを募集しています!

ラグビーに関する知識をアウトプットしたい方は、是非お問い合わせフォームからご連絡お待ちしております!

現在は6名のライターが活躍中です!