7人制ラグビーについて解説!

今年のワールドカップ2019を見て7人制ラグビーの存在は知ったけど、どんなルールか気になる人も多いと思います。

このような疑問にお答えしていきます。

本記事では『7人制ラグビーのルール、楽しみ方』についてご紹介します。

7人制ラグビーのルール

7人制ラグビーは15人制ラグビーとほとんど同じルールです。

今年のラグビーワールドカップ2019では、ルールや反則の解説をTVでご覧になった方は多いと思います。そのルールがある程度分かっていれば基本的に楽しむことが可能です。

15人制のルールについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

少し違うルールもある

基本は同じルールですが、異なる部分もあります。

東京オリンピックまでにはこの6項目を知っておきましょう。

①人数

7人制の名の通り、7人でラグビーを行います。

②試合時間

15人制は40分ハーフで行いましたが、7人制は7分ハーフで行います。

③ハーフタイム

15人制は15分以内で、7人制は2分以内です。

④ポジション

【15人制】

FW8人(プロップ2人、フッカー1人、ロック2人、フランカー2人、ナンバーエイト1人)

BK7人(スクラムハーフ1人、スタンドオフ1人、センター2人、ウイング2人、フルバック1人)

【7人制】

FW3人(プロップ2人、フッカー1人)

BK4人(スクラムハーフ1人、スタンドオフ1人、センター1人、ウイング1人)

⑤スクラム

15人制はFW8人でスクラムを組んでましたが、7人制は前列の3人のみとなっています。

⑥シンビン

15人制は10分一時退場ですが、7人制は2分一時退場となります。

7人制 15人制
人数 7人 15人
試合時間 7分ハーフ 40分ハーフ
ハーフタイム 15分以内 2分以内
ポジション FW3人、BK4人 FW8人、BK7人
スクラム 3人 8人
シンビン 2分 10分

7人制ラグビーの楽しみ方

ラン、個人技が多い

15人制ラグビーは力強いコンタクトが非常に多く、その中で華麗なランプレーが見ることが出来ました。対して7人制ラグビーはやはり人数の少なさもあり、コンタクトプレーは少ないです。

15人制よりもランプレーや個人技が目立つ試合になります。足の速さステップで抜いていく姿に注目してほしいです。

番狂わせが多い

15人制ラグビーは番狂わせが非常に少ないスポーツと言われ、アイルランドに勝った日本はまさに番狂わせで盛り上がりました。

しかし7人制は番狂わせが普通にあるので、どの試合も楽しめると思います。

来年は東京オリンピックが開催

来年日本で開催される東京オリンピックでは7人制ラグビーが競技の中に含まれています。

男子は7月27日~7月29日、女子は7月30日~8月1日に開催されます。もう一度ラグビーで日本を盛り上げるためにも7人制のルール、楽しみ方を覚えていただきたいです。

15人制で活躍した福岡堅樹選手、松島幸太朗選手も挑戦を表明しているので目が話せないです。

**************************************

当サイトではライターを募集しています!

ラグビーに関する知識をアウトプットしたい方は、是非お問い合わせフォームからご連絡お待ちしております!

現在は6名のライターが活躍中です!