日本代表vsイングランド代表 コラム「ジャパンは波打ちながらも成長していく」

トゥイッケナムー日本対イングランド

15-35。悔しくて悔しくて仕方ない結果だった。それは前半終えて15-10。勝てるんじゃないか、そう熱狂した先の結果だったからだ。前半は日本がイングランド陣に押し込む優勢な展開。田村のPGにはじまり、中村亮土の鮮やかなトライで逆転。そして極め付けはリーチ・マイケル主将の華麗なステップからのスーパートライでふたたび逆転する。

WTBコンビ 福岡堅樹、山田章仁

なかでも大好きな両ウイングの躍動が際立っていた。大舞台に強い山田章仁選手のスーパープレイはトリッキーなステップやスーパーなインターセプトのみならず、タックルを受け体を起こされながらもリーチ・マイケル主将へのトライへとつながる決定的なパスと、泥臭いプレーまでをもやってのける。福岡堅樹選手においては、自ら自ら進んでいく。決して受け身にならない、前へ前への姿勢が見るものを魅了していく。来年ワールドカップでは彼のキャリア・ハイとなるパフォーマンスを予期させる素晴らしいプレイの数々を披露。そんな両翼の躍動は聖地でのゲームを楽しんでいるかの如く、後半への期待はふくらむばかりだった。

この試合は来年に繋がるはずだね!

後半は周知の通り、イングランドのインパクトプレイヤー、オーウェン・ファレルの登場などでまさかの逆転負け。だが日本の選手交代がどうの、選手個人をあーだこーだなどと言う評論家には私はなりたくない。熱狂的ラグビーファン、ジャパンファンとして実践者でありたい。だから言いたい。イングランドと互角に渡り合えた、未来へとつながる敗戦だった、と。さらに来年ワールドカップでの日本のインパクトプレイヤーと私が目するのは、この試合ケガで欠場の松島幸太郎選手だ。松島選手は「この試合は来年に繋がるはずだね!」とツィートされている

一直線右肩上がりの成長などない

その通りだろう。成功した前半、課題が浮き彫りとなった後半、すべては来年ワールドカップにつながる、つなげてくれると私は信じてやまない。そもそも右肩上がりに一直線な成長などない。成長とは波打ちしながら上下動を繰り返し成長していくもの。トゥイッケナムでの敗戦は上り調子の踊り場に立たされたかたちになったが、いやいやそうではないのではないか。ジャパンの選手たちの躍動を感じる限り、聖地トゥイッケナムという最高のステージで踊っているかのようだった。つまりは前HCエディ・ジョーンズに導かれたようにトゥイッケナムに立ったジャパンは、このゲームをジャンピングボードとして来年ワールドカップへとさらに前へ前へと突き進んでいく、それがトゥイッケナムというステージだったと信じている。
上井健 記
photo by https://twitter.com/JRFUMedia

**************************************

当サイトではライターを募集しています!

ラグビーに関する知識をアウトプットしたい方は、是非お問い合わせフォームからご連絡お待ちしております!

現在は6名のライターが活躍中です!