幼児・小学校低学年へのタグラグビーの導入

競技規則の改訂によって幼児、小学校低学年(幼稚園~小学校1,2年生)に関しコンタクトプレーがないタグラグビーが導入されることになった。
*2018年度は移行期間。20194月から実施

この通達は日本ラグビー界にとって,大きな変革だと思われる。

まずは経緯にあたっての記載があるが、読み解くと以下。

  • ラグビー強豪国のニュージーランド、イングランド、オーストラリアなどの幼児、低学年はコンタクトプレー無し(全てタグ)
  • コンタクトプレーは、万が一の事故時に、自分の受傷の状態を伝える事が難しかったり、体格差のある相手と対峙した際、想定される危険に対応が出来ない可能性がある。すなわち安全面を配慮した
  • ラグビーに興味を持った子供に対し、安全性を確保しながら、ラグビーについて理解してもらう

 

そしてタグ導入の利点に関しての要約は以下。

  • コンタクトプレーが発生しないため、ランニングスキルとハンドリングスキルの向上につながる
  • 体格差に関係なく全てのプレイヤーに平等に活躍の場が与えられる。
  • (ボールの争奪を除いた)ラグビーの原則を安全に学べる
    *
    前進支援継続圧力得点

 

筆者のラグビースクール指導歴(約8年)の経験という視点から、この「変革」について述べたいと思う。

練習のある風景。大人がハンドダミーを持ち、そこに全速力でヘッドキャップをかぶった小さな子供が突っ込む。

試合でも時々おこる子ども同士の「正面衝突」。

私も8年前、愚息が幼児だったためお父さんコーチとして携わっていたが、「正面にあたる」という練習が子供たちに与えられているスペースを大きく損なわせ、ステップをきって相手を抜く、という選択肢を奪っているように感じていた。

そして、楽しさよりぶつかる恐怖が先にきてしまい、次第にラグビーから遠ざかっていく子どもも0ではなかった。

ただ、感じてはいても、異を唱える発想もなく行動も起こせずにいた。

一方でタグラグビー。

こちらも経験しているが、とにかく走る。

コンタクトが発生しないため、スピーディに試合は展開され、ラグビーのように体格で優位性が決まることはない

全ての選手が同じ条件で参加できる、そんなスポーツである。

「幼児がラグビーを安全に、楽しくてしょうがない、と思ってほしい」

「ずっとラグビーを続けてほしい」

そう思い続けていたが、その答えが今回のタグラグビー導入だと思う

また、この変化に伴い、現場の指導側にもこれまでとは変わることが予想される。

コンタクトプレーが発生しないため、コーチングとしては、以下の指導スキルが必要になってくると思われる。

<アタック>

  • ギャップを見つけるスキル(スペースを見つける)
  • そのギャップにトップスピードで走りこむスキル(ゲインするスキル)
  • わずかなギャップでも抜くステップワーク(タグを取られないスキル=タックルされない)
  • パススキルとハンドリングスキル(スピードパス、浮かしパスの使い分けとハンドリング)

<ディフェンス>

  • 相手に走られないようにスペースを埋める(ワンライン形成のディフェンススキル)
  • 動いている相手のタグを正確に取るスキル(相手をしっかりウォッチするスキル)

どれもラグビーに直結する大事なスキルだと著者は思う。

特にアタック時の「トップスピードで走りこむ」は、経験上、成長するにつれて簡単には身につかず(そういう癖がない)、幼少期に是非とも自然に身に付くと良いスキルであろう。

コーチも、今からタグラグビーについてしっかり学び、今回の改訂が日本ラグビーの明るい未来の礎となることを願ってやまない。

**************************************

当サイトではライターを募集しています!

ラグビーに関する知識をアウトプットしたい方は、是非お問い合わせフォームからご連絡お待ちしております!

現在は6名のライターが活躍中です!