【Team of the week】- Super Rugby Week #5

1.Steven Kitschoff(Stormers)

2.Malcolm Marx(Lions)

3.Michael Alaalatoa(Crusaders)

4.Brodie Rettalick(Chiefs)

5.Lodewyk De Jager(Bulls)

6.Pablo Matera(Jaguares)

7.Franco Mostert(Lions)

8.Caleb Timu(Reds)

9.Dewaldt Duvenage(Stormers)

10.Bernard Foley(Waratahs)

11.Hosea Saumaki(Sunwolves)

12.Samu Kerevi(Reds)

13.Anton Lienert-Brown(Chiefs)

14.Jack Maddocks(Rebels)

15.Damian McKenzie(Chiefs)

 

ストーマーズのPRキッツォフはプロップながら何度もボールをキャリーし、ブルーズにダメージを与え続けた。海外から戻り、2019RWCに照準を合わせており、シャークスのビーストことテンダイ・ムタワリラとどちらが1番のポジションをつかむか注目だ。

世界最高選手への道を駆け上がるHOマークスは、食い下がるサンウルブズを攻守に渡る活躍で沈めた。今季は毎試合MOM級の活躍を見せている。

Player of the weekに選ばれたのは豪快なトライを見せたLOレタリックだ。若いチームにあってその経験値はなくてはならないものであり、長期のオフからの復帰後は徐々に調子を上げてきている印象だ。

FLに挑戦中のモスタートも徐々にポジションに慣れてきており、LOとFLをハイレベルでこなすストーマーズのピーター・ステフ・デュトイのような選手になることを求められているようだ。

11番では強烈なトライを見せつけたサンウルブズのサウマキが選出された。WTB福岡、山田が負傷中にそのポジションを確保しつつあり、日本で行われる次節のチーフス戦でも活躍が期待される。

今季初めて15番で先発となったマッケンジーは、やはり本来のポジションであることはFBであると思わせる活躍だった。NZ代表ハンセンHCも悩ましいところだろう。SOソポアガが抜けたあとの第2SOはマッケンジーか、モウンガか。

 

画像引用元:https://sanzarrugby.com/superrugby/news/super-rugby-week-5-team-of-the-week/

**************************************

当サイトではライターを募集しています!

ラグビーに関する知識をアウトプットしたい方は、是非お問い合わせフォームからご連絡お待ちしております!

現在は6名のライターが活躍中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。