スーパーラグビー プレーオフ決勝 【クルセイダーズvライオンズ】】プレビュー

2018年8月4日土曜日 日本時間16時35分にスーパーラグビー決勝がKOとなる。2期連続で決勝は同じカードとなり、連覇を狙うNZのクルセイダーズと3年連続の決勝進出となった南アのライオンズが対戦する。

今シーズン序盤の対戦では14-8でクルセイダーズが接戦を制しているが、ライオンズはプレーオフから調子をあげており、勢いに乗っている。

バックス(BK)で優位なクルセイダーズ

今シーズン両チームの戦いを見てきた筆者が、想定されるラインナップを対面同士で比較した表が以下の通りだ。

クルセイダーズ ライオンズ
1 ムーディ ドレイヤー 3
2 テイラー マークス 2
3 フランクス ファンルーイェン 1
4 バレット オーリエ 4
5 ホワイトロック モスタート 5
6 サム エラスムス 7
7 トッド クワガスミス 6
8 リード ホワイトリー 8
9 ホール クロニエ 9
10 モウンガ ヤンチース 10
11 ブリッジ コンブリック 14
12 クロティ フォースター 12
13 グッドヒュー マプー 13
14 タマニバル ディアンティ 11
15 ハヴィリ クッツェー 15

FWはほぼ拮抗した戦いになると言えるだろう。今季序盤の直接対決でもセットプレーはほぼ互角と言え、お互い強力なFW陣が高いレベルで拮抗している。セットプレー以外では、ライオンズHOマークス、FLスミス、控えが想定されるFLスクーマンはリーグ屈指のボールハンターであり、クルセイダーズの勢いを止められるかが注目だ。

一方でBKはクルセイダーズが優位だと言わざるをえない。クルセイダーズCTBグッドヒューは自慢の体格を活かしてライオンズSOヤンチースを狙ってくるに違いない。両WTBのコンブリック、ディアンティはクルセイダーズの速い攻撃に対応できるかどうか。

トライ王の行方、ブリッジは記録更新なるか

準決勝でハリケーンズのWTBベン・ラムがトライを記録し、スーパーラグビーのトライレコードを16に塗り替えた。クルセイダーズのWTBジョージ・ブリッジは現在15トライで、まだチャンスはある。とはいえ、決勝は堅く得点する可能性が高く、トライのチャンスはそうそう多くないかもしれない。

photo by https://sanzarrugby.com/superrugby/

**************************************

当サイトではライターを募集しています!

ラグビーに関する知識をアウトプットしたい方は、是非お問い合わせフォームからご連絡お待ちしております!

現在は6名のライターが活躍中です!