パワートライは7点。新たな試み満載のワールドシリーズラグビー

2018年8月17日、パナソニックワイルドナイツ(日本)VSウエスタンフォース(豪)によるワールドシリーズラグビーの試合が行われた。
(結果は50-45でフォースの勝利)
見ていて非常に興行性、エンターテイメント性が高い試合で、様々な試みが行われた。
そのいくつか印象に残った点を紹介する。

パワートライ

自陣22メートルライン内から継続してトライを奪えば7点(通常のトライは5点)。ゴール成功で9点に。この日の試合では福岡選手が、笹倉選手のキックパスをキャッチ(相手が二人競ってきたなかでの、スーパーキャッチ!ビッグプレー)し、そのまま独走トライ。そしてこれがパワートライとなり7点。バーンズ選手のゴールも決まり一気に9点獲得。
パワートライの権利がわかるように、ゴールポスト付近にランプがつき、テレビでもランプが点灯していた。
プレーが切れないような、継続を重視した新たな試みとして、非常に盛り上がった。

試合中のインタビュー

トライをした選手がメインで、その直後にインタビューが。ハーフタイム時のインタビューはあったが、トライ直後の選手のハイテンションなコメントと、インタビュアーのテンポの良い振りもあり、新たな取り組みとして楽しめた。

パワーゲージ

この試合は1回しか表示されなかったが、ジャージに装着されているセンサーにより、コンタクト時の強度がわかるように。フォースの選手がバーンズ選手にタックル入ったときの強度は10段階中8.5。これにより、どの程度強烈だったかがわかるように。今後は、もっと表示されれば、何となく強烈!が数値でわかるため、選手の強さもわかるだろう。

リザーブ12人

選手交代が12人のため、疲労している選手をどんどん交代されることができる。フレッシュな選手が疲れているチームに元気を与える。

観客席からのブラスバンド演奏

日本でもハーフタイムでは行われるブラスバンドの演奏。しかし、今大会では試合中に演奏があった。これにより、会場全体がノッている感覚で、試合を大いに盛り上げた。
今回の導入は試験的ということであったが、今後も継続されることを、期待したい。
photo by https://twitter.com/Wsr

**************************************

当サイトではライターを募集しています!

ラグビーに関する知識をアウトプットしたい方は、是非お問い合わせフォームからご連絡お待ちしております!

現在は6名のライターが活躍中です!