世界最高のラグビー選手 ボーデン・バレット

ボーデン・バレットは、NZ代表及びスーパーラグビー・ハリケーンズのスタンドオフ(フライハーフ・ファーストファイブエイス)です。
フルバックやウィングなどもこなせるバックスのユーティリティプレイヤーでもあります。

2015W杯で伝説のSOダン・カーターが代表引退したあとは不動のSOとして君臨しており、2016年,2017年と連続でプレイヤーオブザイヤー(世界最高選手)を受賞しています。

弟のスコット、ジョーディもともにオールブラックスに選ばれており、バレット兄弟として知られています。ボーデンは身長189cmですが、弟2人はさらに高身長となっております。(スコットが198cm、ジョーディが195cm) 実際には他にも兄弟がおり、男5人女3人の8人兄弟です。

プレーの特徴

ボーデンはとにかく足が速いことで知られています。ポジションはスタンドオフですが司令塔である前に1プレイヤーとして相手に脅威を与える存在です。前述のように身長も高いので、スタンドオフとしては比較的ヒットにも強いためゴール前では飛び込んでいくようなプレーもしばしば見られます。また、キックパスも彼の特徴の一つでしょう。自陣でもチャンスと見ればワイドの位置にいる選手に正確なキックでパスをすることができます。2018年現在でまだ26歳と若く、W杯3大会出場と優勝を狙える存在です。キックパスの精度が高い一方で、プレイスキックのはムラがあり、絶好調の日もあれば全然決まらない日もあります。

2018年も引き続き世界最高の選手の座を獲得することができるのかどうか注目していきましょう。

photo by https://twitter.com/AllBlacks

**************************************

当サイトではライターを募集しています!

ラグビーに関する知識をアウトプットしたい方は、是非お問い合わせフォームからご連絡お待ちしております!

現在は6名のライターが活躍中です!