Lions vs Jaguares Match Report

lions jaguares image

 

Match Previewに引き続き、H.S.さんの記事です!

選手目線に近く、スキル面のコメントが特徴的です!


 

ライオンズ47 – 27ジャガーズ

 

前半の立ち上がりはジャガーズが先行した。

ライオンズは立ち上がりのDFにまとまりがなく、ノミネートミスから簡単にトライを許してしまった。

注目していたラミノ・モジャロは先発しなかったが、一つずつボールを展開し11番のWTBが先制トライをとった。

 

その後終盤まではライオンズのペースであった。

最後の2トライ以外はバックスリーの選手がジャガーズDFの外側を攻略してトライをとっていた。

フロントスリー(SO,CTB陣)とFWのフィジカルプレッシャーが強く、ジャガーズDFがノミネート相手にくぎ付けとなってしまった結果である。

ライオンズの両WTBは快速かつステップで魅せトライを量産した。

今シーズンのトライランキングでも上位に食い込んでくるはずである。

 

逆に最後の2トライは外側を警戒し始め、広がってしまったジャガーズDFの間を攻略した。

SOのエルトンヤンチースはプレーし易かったことだろう。

フィジカルで優位に立ち、勢いに乗ったWTBがいる状況であれば相手DFの心中が手に取るようにわかり、アタックは内側か外側か使い分ければ良いだけだ。

しかしライオンズは最終的には27失点を許してしまった。

自陣から無理に回したり、ライン後陣のDFがいない状況を作ることもあった。

今シーズンも攻撃力は圧倒的なものがあるが、厳しい試合で規律のあるDFを保つことができるのかが注目である。

 

ジャガーズ

 

ジャガーズは今シーズンも、今一つ自分たちの持ち味を生かすことができていないと感じる。

スーパーラグビーがファンのためのエンターテインメント性のあるラグビーを求めているのは確かであるが、ジャガーズが目指すべきスタイルはアルゼンチンチーム独自のものではないかと強く思う

天才キッカー、強力なスクラムを生かすことはできないのか。

オールブラックスを追い詰めたこともあるメンバーは、不満がたまっているはずである。

 

画像引用元:https://twitter.com/JaguaresARG/

**************************************

当サイトではライターを募集しています!

ラグビーに関する知識をアウトプットしたい方は、是非お問い合わせフォームからご連絡お待ちしております!

現在は6名のライターが活躍中です!

lions jaguares image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。