Sunwolves シーズンPreview

いよいよサンウルブズの3シーズン目が開幕だ。

 

すでに南アフリカカンファレンスで2試合が行われ、ストーマーズとライオンズが苦しみながらも勝利を収めた。

 

サンウルブズはRound2からのスタートで、今季はオーストラリアカンファレンスに属する。

同カンファレンスの4チームとHome&Awayで計8試合を行い、他のカンファレンスのチームとも8試合を行う。

シーズンを通して12のチームと16試合を行い、対戦率は85%となる。(NZカンファレンスのハイランダーズと南アフリカカンファレンスのジャガーズとは今季レギュラーシーズンで対戦しない)

 

ここで早速だが、今季の基本メンバーを予想した。

シーズン基本メンバー予想

1.稲垣 啓太Keita INAGAKI

2.堀江 翔太Shota HORIE

3.具 智元Jiwon KOO

4.姫野 和樹Kazuki HIMENO

5.サム・ワイクスSam WYKES

6.リーチ マイケルMichael LEITCH

7.エドワード・カークEdward QUIRK

8.ヴィリー・ブリッツWillem BRITZ

9.田中 史朗Fumiaki TANAKA

10.田村 優Yu TAMURA

11.福岡 堅樹Kenki FUKUOKA

12.立川 理道Harumichi TATEKAWA

13.ラファエレ ティモシーTimothy LAFAELE

14.山田 章仁Akihito YAMADA

15.松島 幸太朗Kotaro MATSUSHIMA

16.庭井 祐輔Yusuke NIWAI

17.石原 慎太郎Shintaro ISHIHARA

18.ヴァルアサエリ愛Asaeli Ai VALU

19.ヘル ウヴェUwe HELU

20.布巻 峻介Shunsuke NUNOMAKI

21.流 大Yutaka NAGARE

22.シオネ・テアウパSione Teaupa

23.レメキ ロマノ ラヴァLomano Lava LEMEKI

 

もちろんシーズンは長く、怪我もあるのでメンバーが完全に固定することはないが、直近の代表戦なども考慮するとこのあたりのメンバーが中心となってくるだろう。

 

注目の選手

この中でも注目は、まずはロック陣。

エディジャパンを支えたベテランの大野とトンプソン・ルークが代表から離れたあと、人材不足が顕著になったポジションだ。昨年サンウルブズでフル稼働したサム・ワイクスのポジションは不動となりそうだが、問題はその相方だ。

ここでは姫野を予想したが、毎試合代わることも十分考えられる。グラント・ハッティング、ジェームス・ムーアは期待のジャパン候補だ。真壁はロック陣の中でもっとも経験値があるといえるだろう。FLとして登録されているヴィンピー・ファンデルヴァルトも昨年の代表戦ではロックを務めた。

一方、BKは2019のメンバーが見えつつある。特に福岡・山田・松島のバックスリーはインターナショナルレベルでも強力な布陣といえるだろう。リザーブにはHondaトップリーグ昇格の立役者レメキも控える。WTB山田は一昨シーズン、五輪で離脱するまでトライランキング首位に立っており、今シーズンこそ個人タイトルを狙えるはずだ。

目標はTOP5

昨シーズン15試合で2勝だったサンウルブズは、今季の目標をTOP5としている。昨年は勝ち点の上位から順にハリケーンズ、ライオンズ、クルセイダーズ、ストーマーズとなる。すなわち、その下のハイランダーズやチーフス、そしてすべてのオーストラリアカンファレンスのチームに勝たなければならないということだ。今季と昨季のレギュレーションは異なるのでそうシンプルな話ではないが、それくらい勝たないとTOP5は不可能ということだ。

容易に達成できる目標ではないが、今季からチームを指揮する日本代表HCのジェイミー・ジョセフにはその道筋が見えているのだろうか。

 

 

画像引用元:http://www.zimbio.com/Sunwolves/pictures/pro

 

**************************************

当サイトではライターを募集しています!

ラグビーに関する知識をアウトプットしたい方は、是非お問い合わせフォームからご連絡お待ちしております!

現在は6名のライターが活躍中です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。